婦人と赤子

赤ちゃんを授かりたいなら不妊治療がベスト|夫婦と医師の連携プレー

安心できる

ウーマン

大阪の産婦人科では、妊娠の検査以外にも性感染症の有無やがん検診を受けることが可能です。また、主治医を見つけておくと予定日より早く陣痛が来ても安心することができるでしょう。

Read

相談できる病院があります

先生

大阪にはピルの服用に関して相談に乗ってくれるクリニックがあります。ピルは避妊用以外に、生理痛や月経不順の治療薬として使われています。副作用などがいろいろと言われていますが、きちんとした知識を教えてもらっての服用がベターです。

Read

事前の診断で妊娠率向上

男女

着床前診断は体外受精において、受精卵を子宮に戻す前に染色体や遺伝子の異常を検査するものです。自然流産の原因は染色体異常と言われており、着床前診断により妊娠率の向上や流産の予防に役立つと考えられています。

Read

妊娠のための注意点

医者

最近、不妊症に悩むカップルが増えています。不妊症とは、一般的に妊娠を希望してから1年経っても妊娠しないことを言います。その場合、婦人科や専門クリニックなどで不妊治療を受ける人がほとんどです。しかし、治療を受けられる病院は千差万別です。それぞれに特色を持ち、その方針に沿って治療が進められます。かかる費用も病院によって全く違います。不妊治療を受ける場合、まずは自宅や職場から通える範囲内の婦人科や専門クリニックをしっかりと調べ、治療内容や方針を理解しましょう。病院の方針は、体のサイクルに合わせてゆっくりとした治療、段階的にタイミング法から人工授精、体外受精へとスピーディに進める治療など、病院によって様々です。自分の生活や考えに合う病院に通えるよう、しっかりと調べる必要があります。

では、不妊治療を受ける上で気をつけるべき点、工夫すべき点を挙げていきましょう。まず、治療や薬に頼るだけでなく、自分自身で生活を整えましょう。具体的には、体の冷えに気をつける、バランス良く栄養を摂る、タバコは夫婦ともに控えることなどです。また、不妊症にはストレスが大きく関わると言われています。仕事や家庭内のストレスはもちろん、不妊治療自体のストレスも妊娠への大きな弊害となります。夫婦できちんと話し合うこと、家族や職場の理解を得ることなどがストレス排除への大きな一歩です。そして、やはり基本的に病院の担当医の言葉を信じることが大切です。インターネットや不妊治療仲間の噂を信じるのも良いのですが、治療に関しては担当医の言葉が一番信頼できます。それがストレスを取り除くことにも繋がっていきます。夫婦と医師の連携プレーが大切となってくるでしょう。